WordPress一括変換プラグインSearch Regexの使い方まとめ!SSL化にも便利!

Search RegexはWordPressで使うプラグインの一つで、過去から現在までに投稿した記事内の、置き換えたい文字列をまとめて一発で変換できる優れものです。

私自身も使ってみましたが、その威力はまるでミラクル

複数の記事内にある単語や語句の修正、またはサイトテーマを移行した時のURLの書き換えが必要な場合に、このやっかいな作業を瞬時に解決してくれる最強のプラグインです。

知っていると知らないとでは、作業効率がケタ違いに変わるので、使い方をご紹介していきたいと思います。

Search Regexを使ってできること

たとえば、これまでずっとカタカナで「ワードプレス」と表記してきたけど、これからは「WordPress」と書いていきたい。

できれば統一したいから、過去の投稿も含めて、すべての「ワードプレス」を「WordPress」に変えられたらいいなあ・・・・・という願いを瞬時に実現できます。

もし手動で訂正するとなったら、まちがったり、修正漏れが出てしまいがちですがSearch Regexを使うと、正確に一括修正できるんです。

具体例をあげてみると、

  • 表記名の変更(大文字→小文字、カタカナ→英語など)
  • 表示価格の変更
  • 綴りの間違いに気付いた時など、共通文字列の変更
  • アフィリエイトのリンクURLの変更
  • タグの変更(h3→h2 h4→h3に変えたいなど)
  • 特定のコードの変更
  • URLを常時SSL化して、http→httpsに変えたい

などの場合にSearch Regexを使うと効果的です。

Search Regex  インストールと有効化

①メニューの「プラグイン」→「プラグイン新規追加」をクリックして「プラグイン追加」の画面に進みます。

②「キーワード」に「Search Regex」と入力して検索。

「今すぐインストール」をクリック。

③インストールが終わったら「有効化」をクリック。

「Search Regex」のプラグインが使えるようになりました。

Search Regexの使い方

①「ツール」「Search Regex」と進むと、「Search Regex」の画面が表示されます。

②英語なので難しそうな印象を与えますが、使い方はいたってシンプルです。

いろんな設定項目が並んでいますが、文字を入力してボタンをクリックするだけで瞬時に結果を出してくれます。

特に赤枠以外の部分を設定する必要はありません。

番号の順に説明すると、

  1. 「Search pattern」置き換えたい(探したい)文字を入れる
  2. 「Replace pattern」書き変えたい文字を入れる
  3. 「Search」文字を探すの意味
  4. 「Replace」文字を置き換える・書き換えるの意味
  5. 「Replace&Save」置き換える・探すを両方やるの意味

と、まあ文字どおりに解釈すればいいだけです。

私はタグをh3→h2に置き変えたかったので、このようにしました。

「Search」「Replace」と順に押すか、「Replace&Save」だけ押すかすればOKです。

それで58個置き換わったということになりました。完了です。

Search  Regexで検索もできる

実は失敗をやらかしたのですが、そのおかげで別の使い方もあることがわかりました。

初めて使ったときに、タグを「h3→h2」と入力すべきところを「H3→H2」としてしまったのです。

置き換えられた場所が「Results」(結果)として報告されています。

つまり、調べたいことがあれば(例えば古いリンクなど)どこにあるか探したい時などにも使えるということがわかったのです。

これはうまく使えばいろいろと役立ちそうですね。

古い情報を引っ張り出したい時など活躍してくれそうです。

まとめ

Search Regexで検索しても結果が出ない場合は、文字入力が間違っている可能性があります(私のように)。

便利な機能であるがゆえに、ろくに確認せずにクリックしてしまうと、悲惨な結果を招くことになってしまいます。

置き換えなくてもいいところまで置き換わってしまわないように、クリックはよく確認して慎重に行ってください。

対策をして、適切に入力できれば最強の威力を実感することができますので。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする