【Photoshop】初心者もできる!クリックしたくなる立体的でおしゃれなボタンの作り方

Photoshop

バナーなどに設置するとき、ちょっと目を引くオシャレなボタンが作れたら嬉しいですね。

今回は、透明感があってプラスティックな質感の、キレイめなボタンの作り方をご紹介します。

難しそうに見えますが、わりと簡単にできますのでさっそく見ていきましょう。

ボタンの作り方 プラスティック編

①画面左側のメニューから、角丸長方形ツールを選択してボタンの形を作ります。

デザインの背景色などにもよりますが、ボタンの色は緑色がクリック率が高いそうです。

「レイヤースタイルの追加」を選択して、「境界線」「光彩(内側)」「ドロップシャドウ」でグラデーションを作っていきます。

「レイヤー効果」を使ったボタンのベースの作り方は、こちらの記事で解説していますので、よかったら参考にしてください。

シンプルでキレイなボタンの作り方!初心者でも簡単にできる!

②はい こんな感じです。

③「レイヤー効果」で「ドロップシャドウ」をいれたら、テキストも入力します。

④「ドロップシャドウ」と、テキストにアイコンも入力しました。シンプルなデザインならこれで完成です。

ここから光沢を加えていきます。簡単な光沢の加え方としては2種類あります。

光沢 -1

①角丸長方形ツールを作成します。

角丸長方形ツールを使って、ボタンの上に3分の一くらいの大きさで作ります。

②不透明度を30%くらいまで下げて透明感を出します。

③光沢の位置を調整して完成。

光沢 -2

①楕円形を作成します。

楕円形ツールを使って、ボタンの半分くらいの大きさの楕円を作ります。

光沢ー1と同様に不透明度を下げます。位置を調整して完成です。

応用編でこんなボタンも作れます。いろいろ試してみてください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました