Photoshopでの簡単な水滴の描き方まとめ!水滴ブラシを使ったシズル感の出し方も

水滴を作る方法 Photoshop

難しそうに見えて、意外に簡単に出来る水滴の作り方と、ブラシに登録して水滴を効果的に描く方法をご紹介します。

 



簡単な水滴の作り方

 

光の反射を受けて輝く、本物そっくりの水滴の作り方です。

 

 

円を描き、オーバーレイを適用する

 

楕円形ツールを使って正円を描きます。

(ここではわかりやすく大きめの600px × 600pxで描いています。)

「塗り」と「線」は無しにして透明なシェイプを作ります。

 

描画モードは「オーバーレイ」を選択して「塗りを0」に設定します。

 

 

レイヤースタイルを適用する

 

「楕円1レイヤー」をダブルクリックして「レイヤースタイル」パネルを出します。

 

ベベルとエンボスを設定する

【構造】

  1. スタイル:ベベル(内側)
  2. テクニック:滑らかに
  3. 深さ:1000%
  4. 方向:下へ
  5. サイズ:18px
  6. ソフト:11px

【陰影】

  1. 角度:90°
  2. 包括光源を使用にチェック
  3. 高度:30°
  4. ハイライトのモード:スクリーン、白
  5. 不透明度:23%
  6. シャドウのモード:乗算、黒
  7. 不透明度:9%

     

 

 

シャドウ(内側)を設定する

【構造】

  1. 描画モード:乗算、黒
  2. 不透明度:60%
  3. 角度:30°
  4. 包括光源を使用にチェック
  5. 距離:9px
  6. チョーク:0%
  7. サイズ:13px

 

 

 

ドロップシャドウを設定する

【構造】

    1. 描画モード:乗算、黒
    2. 不透明度:75%
    3. 角度:30°
    4. 包括光源を使用にチェック
    5. 距離:7px
    6. スプレッド:7%
    7. サイズ:7px

 

レイヤースタイルの適用はこれで終わりです。

水滴に近づきました。

 

ブラシを設定して光の反射を作る

①新規レイヤーを作成します。

 

 

②ブラシを設定します。「ブラシツール」→オプションバー「ブラシのボタン」をクリック。

 

 

③水滴の大きさによってブラシの直径を調整します。

 

 

④新規レイヤーがアクティブになっていることを確認して、楕円形にブラシの光沢を入れます。(ワンクリックでOK)

 

水滴の完成

完成です。光沢が足りなければ、再度新規レイヤーを作りブラシを重ねます。

これはサイズが大きいですが、縮小すればコロコロした小さな水の粒になります。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました