Photoshopで水滴ブラシを使ったシズル感の作り方!合成写真で作った方法も

Photoshop

食品や植物の写真素材を使う際に、素材をそのまま使ってもいいのですが「シズル感」を演出すると、見違えるように写真がみずみずしく生きてきます。

少しの工夫をかさねるだけで、見る人の感性を刺激する効果が出せるので、その方法について解説していきたいと思います。

 

 

 

今回はジョッキのビールに、今すぐ飲みたくなるような「シズル感」を演出していきます。

素材はすべて無料で商用利用可のものを使用しています。

 

Step 1 画像と水滴ブラシを準備する

 

このようなビールの画像を用意しました。美味しそうです。

これはPNG素材の写真なので切り抜きの必要はありません。

 

同系色の背景にのせてみます。

 

 

 

このように合成しました。

 

 

水滴ブラシをダウンロードしてブラシに追加する

 

①水滴ブラシをダウンロードします。

 

②ダウンロードしたabrファイル(ブラシファイル)を解凍してデスクトップ上に置きます。

 

 

③「ブラシツール」オプションバーの「ブラシ左のボタン」「歯車のマーク」「ブラシを読み込む」の順に進み、「abrファイル(水滴のファイル)」を選択します。

 

abrファイルが追加されて、水滴ブラシが使えるようになりました。

 

 

Step 2 水滴ブラシを使ってジョッキが汗をかいたように演出する

 

水滴ブラシの使い方

①新規レイヤーを作成します。

 

 

②新規レイヤーをアクテイブにした状態で、「ブラシツール」をクリック。オプションバーのブラシボタンをクリックしてブラシパネルを開いたら、先にブラシの色を設定します。

ツールパネルの「描画色を設定」をクリックすると、カラーピッカーが立ち上がるので、

「#ffffff」(白)を設定して「OK」で閉じます。

 

 

③ブラシを選択します。好みのブラシを選択して「間隔」を設定します。

私は2種類のブラシを設定しました。

 

 

 

④水滴ブラシをいい感じに配置します。

 

 

レイヤースタイルを追加する

透明感を強めて、水滴を画像になじませていきます。

 

ビール画像のレイヤーをアクティブにして、レイヤーパネルの下にある「レイヤースタイルを追加」をクリックします。

 

【レイヤースタイル】

ベベルとエンボス

  • スタイル:ベベル(内側)
  • テクニック:滑らかに
  • 深さ:500%
  • 方向:下へ
  • サイズ:4px
  • ソフト:16px
  • 角度:90°
  • 包括光源を使用にチェック
  • 高度:62°
  • ハイライトのモード:スクリーン 不透明度100%、白
  • シャドウのモード:乗算 不透明度15%、黒

 

ドロップシャドウ

  • 描画モード:オーバーレイ、黒
  • 不透明度:25%
  • 角度:90°
  • 包括光源を使用にチェックを入れる
  • 距離:1px
  • スプレッド7%
  • サイズ:0px

※選択したブラシや背景画像によって見た感じが変わるので、画像を見ながら数値を調整してください。

 

 

完成

 

完成です。水滴が自然な仕上がりになったと思います。

 

 

背景を変えてみました。喉が渇きますね。ごくっと飲みたいものです。

太陽に向かって乾杯!!

 

 

 

別パターンもやってみました

 

①今回はペットボトルの画像を用意しました。すでに切り抜かれているPNG素材を使用します。

 

②水滴ブラシはこちらを使います。

 

③こんな水の素材を使ってみます。

http://www.water-sozai.com/193.php

 

④背景に色を付けてななめに画像を配置しています。

 

 

 

⑤水の素材を合わせていきます。

シズル感が強調されるよう素材の幅・高さ・角度を調整してイメージを作っていきます。

 

 

⑥新規レイヤーを追加して「ブラシツール」を開き、水滴ブラシを選択します。例として先ほどと同じ2種類を選択しました。

 

⑦ペットボトルの上に選択した水滴ブラシを散布します。

 

レイヤースタイルを追加します。←追加の方法はこちらを参考にしてください。

今回はベベルとエンボスのみ使用しています。

 

⑨完成です。

 

 

 

背景色を変えてみました。こちらのほうが清涼感が際立ちますね。

 

 

背景画像を変えるときは、ブラシやレイヤースタイルを微調整してみてください。

アイデアの参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました